バンドルカード(Vandle Card)リアルカードプラス・チャージ方法・使える店

今回の記事では、バンドルカード(VandleCard)とリアルカードがどのようなものなのか、機能、申込方法についてご紹介します。

まずは、バンドルカードの特徴やメリットについて簡単にまとめてみました。
これらを踏まえた上でお読みいただくと、バンドルカードの魅力についてより理解しやすくなります。

バンドルカードは、初めて使う人でもすぐに後払いでチャージできます。
そのため、
手持ちがないけれど今すぐに少額貸してほしい!
という方にとって、凄く便利です。

また、審査なしでスマホさえあれば、基本的にはだれでもつくれます。

クレカやプリペイドカードなど、お買い物用のカードがなくて困っている人にもおすすめです。

バンドルカードは、ネットショッピングや街での買い物など、カードがあれば決済が便利なのに……という人にとっても心強い味方になってくれるでしょう。


〈金欠時の救世主!バンドルカード〉

■お金がなくても3000円から最大5万円まで後払いでチャージできる!
■スマホがあれば審査なしでつくれる♪
■業界最速♪ 1分でつくって3分で買い物も可能♪
■未成年や専業主婦もつくれる
■カード審査が通らなくて困っている人向け
(生活保護受給者、ブラック、無職、債務整理経験者まで)
■スマホで使うプリペイドカード♪
■リアルカードも発行できるのでリアル店舗利用もOK!
■ネット決済できるからクレジットカード代わりになる♪
全国のVISA加盟店で利用可能
■ビットコインでのチャージもできる
■支払いは翌月末までなのでマイペースで返済

バンドルカード(VandleCard)の種類。特徴。使えるお店。デザイン。

まずは、バンドルカードとは、そもそも何なのかについて詳しく解説していきます。

そもそもバンドルカードとは

バンドルカードは、スマホアプリをインストールして利用する、Visaのプリペイド機能を持つカードのことです。

ただし、バンドルカードには、スマホアプリで利用する『バーチャルカード』だけではありません。

バンドルカードは、

バンドルカードの種類
1、バーチャルカード
2、リアルカード
3、リアルカード+

の3種類があります。

この記事で『バンドルカード』と呼ぶときは、バーチャルカード、リアルカード、リアルカード+の3種類すべてのカードを指しています。

それでは、それぞれのカードについて簡単に説明していきましょうか。

3種類のカードの特徴や発行費用などについてご紹介します。

バーチャルカード

バーチャルカードのメイン画面

バーチャルカードは、バンドルカードを契約する際に最初につくることになるカードです。

バーチャルカードの名前のとおり、リアルのカードではなく、スマホアプリで利用することになります。

バーチャルカードは、ネットショッピング専用のカードです。

もし、リアル店舗でバンドルカードを使用したいのならば、リアルカードかリアルカード+のいずれかを発行しましょう。

ここに、バーチャルカードの特徴をまとめてみました。

 バーチャルカード
利用可能
店舗
オンラインの
国内か海外の
Visa加盟店のみ
ポチっとチャージ
申込み可能額
3千円~上限金額
(最大5万円)まで
残高上限額
(チャージ
可能上限額)
10万円
月間
チャージ上限額
12万円
全累計
チャージ上限額
100万円
1回の
チャージ上限額
3万円
発行手数料無料
本人確認なし

バーチャルカードは、無料で発行されます。

アプリを開くとスマホの画面上にカード番号等が表示されます。
チャージなどもスマホアプリですべて行います。
「ネット専用」となっており、Visaの支払いに対応しているネットショップなど、Web上での支払いでのみ利用できます。

リアルカード

<新デザイン2色>ホワイト・イエロー ※2019/4/25発表→5/13申込開始
バンドルカードリアル新デザインはホワイトとイエロー

新デザインは表面にカード番号の記載がないようです。
カードを店員に渡す際に、番号を見られる心配がなく安全ですね。
番号が必要な場合はスマホを見ればよい訳です。

<旧デザイン>
リアルカードのビジュアル(旧デザイン)

300円の発行手数料がかかります。
実物のプラスチック製のカードが手元に届きます。
Visaの支払いに対応している国内の実店舗とネットで利用できます。
宿泊施設と海外では利用できません。

リアルカード+(プラス)

<新デザイン3色>・ブラック・ブルー・レッド  ※2019/4/25発表→5/13申込開始
バンドルカードリアルプラス新デザインはブラックとブルーとレッド

※ブラックの人気が高いようです。お店でカードを提示する際は、やはり黒いカードを提示したいですよね。
2019/5/17に、予想を上回る申込があり、ブラックを選んだ場合、発送までお時間がかかる場合がある旨、お知らせがありました。

新デザインは表面にカード番号の記載がないようです。
カードを店員に渡す際に、番号を見られる心配がなく安全ですね。
番号が必要な場合はスマホを見ればよい訳です。

<旧デザイン>
リアルカードプラスのビジュアル(旧デザイン)

600円の発行手数料がかかります。
実物のプラスチック製のカードが手元に届きます。
Visaの支払いに対応している実店舗とネットで利用できます。
宿泊施設と海外でも利用できます。

制限項目

それぞれのカードには、以下のような金額の制限があります。

 バーチャルカード
リアルカード
リアルカード+(プラス)
月間チャージ上限額12万円200万円
全累計チャージ上限額100万円制限なし
1回のチャージ上限額3万円10万円
チャージ待機額 ※制限なし制限なし
残高上限額10万円100万円

※チャージ待機額とは、チャージのリクエストのうち、完了していない有効なリクエストの金額の合計の事です。

全累計チャージ上限額に近づいた場合は、カードを再発行することで続けて利用できます。その際、残高及び利用履歴は次のカードの引き継がれます。

目次へ戻る

費用ー登録料・利用料・手数料など

費用や利用料や手数料などの案内

バンドルカードを利用するにあたって、登録料や年会費などは無料ですが、以下の場合に費用がかかります。

・「ドコモのケータイ払い」「ソフトバンクまとめて支払い」でチャージした場合、チャージ1回ごとに手数料がかかります。 ※ソフトバンクまとめて支払いは、現在メンテナンス中の為利用不可
チャージ金額が5,000円以下の場合、1回につき300円
チャージ金額が6,000円以上の場合、1回につきチャージ金額の6%

・リアルカード、リアルカード+(プラス)の新規発行時、手数料がかかります。
リアルカード 300円
リアルカード+(プラス) 600円

・120日間支払いもチャージも行われていない場合、以降30日毎に残高から100円引かれます。
※残高が100円未満になった場合は残り全ての残高が引かれ、自動でカードが停止されます(カードは停止され、アカウントは残る状態)。 ※120日以上利用していなくても100円引かれなくなりました!安心してアプリをスマホに入れておけます。

目次へ戻る

サービス対象者

借入ブラックでも利用可能

日本の電話番号を登録できる方が利用できます。
海外の電話番号は登録しても利用NGとなります。

年齢制限はありませんが、未成年者は発行の際に保護者の同意が必要です。
1人1アカウントまで登録できます。複数アカウントの利用が認められた場合は利用NGとなります。

それ以外に制限事項は特に示されておりませんので、未成年・専業主婦・債務整理中・無職・求職中などの事情によりクレジットカード等の発行を受けられない方でも、支払い可能な範囲で計画的に利用できれば、現金払い以外の選択肢を持つことができる可能性があります。

目次へ戻る

機能

バンドルカードの便利な機能

明細通知

明細画面

支払いが行われたら、明細を確認できます。
自分自身の利用履歴の確認にもなります。
初期設定で支払い発生時にアラート(スマホの通知機能)するよう設定されているので、万が一不正利用された場合にもすぐに気づくことが可能です。

リアルカード・リアルカード+(プラス)発行手続き

リアルカードの発行手続き画面 リアルカードプラスの発行手続き画面

実店舗でも使えるプラスチック製のカード発行手続きができます。
発行手続き後、2週間ほどで郵送されます。

カード利用の一時停止・解除

カードの一時停止解除画面

明細に見覚えのない支払いが通知された場合など、不正利用の疑いがある場合や、リアルカードを紛失した場合に停止手続きができます。

招待

招待コードを発行する画面

「招待コード」を発行する事ができます。
「ポチッとチャージ」「ギフトコード」以外でチャージした事がある場合、発行した招待コードを知人に教え、その知人がバンドルカードのアカウント登録時に招待コードを入力すると、招待した側に200円チャージされます。※招待された側はチャージされません。

チャージ

チャージの種類1 チャージの種類2

 

お金をチャージする事で支払いに利用することができるようになります。
チャージ方法は6種類です。

・ポチッとチャージ ※上限額が増えて便利になりました!

3千円~2万円の 2万5千円の範囲で、千円単位で金額を決めてタップするだけでチャージできます。
チャージしたお金は翌月末までにコンビニか、銀行ATM(ペイジー)で支払いをします。
2万円までであれば何回でもチャージできますし、支払いを済ませれば同月内であってもまた何回でも「ポチッとチャージ」を利用できます。

チャージするごとに以下の金額の手数料がかかります。
3千円~1万円:500円
1万1千円~2万円:800円
2万1千円~2万5千円:1,150円 ※追加 

注意:「ポチッとチャージ」でチャージした金額は、分割払いできません。チャージ金額+手数料を一括で支払います。

・ドコモのケータイ払い

携帯料金と一緒に代金を支払うことができるサービスです。NTT DOCOMOを利用中の方のみ利用できます。※別途キャリア側で利用可能な上限金額が設定されている場合があります。
システムメンテナンスのため、 2018年4月16日(月) 11:50 〜  ドコモのケータイ払いでのチャージが利用できなくなっています。
9/3にドコモケータイ払い再開しました。

ソフトバンクまとめて支払い ※現在メンテナンスのため停止中

携帯料金と一緒に代金を支払うことができるサービスです。ソフトバンク/ワイモバイルを利用中の方のみ利用できます。※別途キャリア側で利用可能な上限金額が設定されている場合があります。
システムメンテナンスのため、 2018年3月7日(水) 19:25 〜  ドコモのケータイ払いでのチャージが利用できなくなっています。

・セブン銀行ATM ※2018/9/21に追加

全国のセブン銀行ATMからチャージできます。セブン銀行ATMに表示されるQRコードを読み込み、現金をATMに入金します。

・ビットコイン

ビットコイン両替所で円に交換し、ビットコインウォレットでチャージします。
ビットコインの送金の仕組み上、手続きからチャージ完了まで時間がかかる場合があります。

・コンビニ

FamiポートやLoppiなどの端末で申込券を発行、またはバーコードを見せて、レジで支払います。

利用できるコンビニは以下です。
ファミリーマート
ローソン
サークルK
サンクス
ミニストップ
セイコーマート
デイリーヤマザキ

・クレジットカード

VisaまたはMasterCardの3Dセキュアに対応したカードでチャージできます。
3Dセキュアとは、クレジットカードで決済を行う際に使われる本人認証の仕組みです。
自分のカードが3Dセキュアに対応しているかどうかは、利用したいクレジットカードを発行している会社のWebサイト等で確認してください。

・ネット銀行

アプリ内でネット銀行のチャージ画面から手続きします。金額入力後に払込先の銀行口座を指定する画面が表示されます。

・銀行ATM(ペイジー)

アプリ内でネット銀行のチャージ画面から手続きします。金額入力後に払込手続きをします。
その後、銀行ATMで支払いを行います。

・ギフトコード

バンドルカードがキャンペーンなどにより発行したギフトコードを持っている場合、ギフトコードでチャージできます。

目次へ戻る

申込方法

androidを例に申込手順をご紹介します。

1,アプリをインストールします。
インストールはこちらから

GooglePlayストアからバンドルカードをインストールする画面

2,待受画面にアイコンが作成されます。タップしてアプリを開きます。

スマホのバンドルカードアイコン

3,はじめてアプリを開くと、「はじめる」か「ログイン」か選択する画面が出ます。登録する場合は「はじめる」を選択します。

バンドルカードのログイン画面

4,アカウント登録をします。ユーザーIDとパスワードを入力します。
人から招待された場合は、「招待コード」を入力します。
※招待コードを入力する事で、招待者に200円チャージされます。招待された側にはチャージされません。

バンドルカードのアカウント登録画面

5,ユーザー情報を登録します。生年月日、保護者の同意を得ている事、性別を登録します。

バンドルカードのユーザー情報登録画面

6,電話番号を登録します。登録した電話番号宛に、ショートメッセージで認証番号が届きます。

バンドルカードの電話番号登録画面

7,ショートメッセージが届いたら、記載されている認証番号を入力します。

バンドルカードのSMS認証画面

8,登録内容に誤りがないか確認し、利用規約に同意します。

バンドルカードの利用規約画面

9,カード番号が表示されれば、登録完了です。「ようこそ」をタップします。

バンドルカード登録完了画面

10,メイン画面です。

バンドルカードの登録完了直後メイン画面

目次へ戻る

まとめ

ネットショッピングなどでは、カード支払しか対応していないサイトも珍しくありません。

まだ現金主義でクレジットカードを持つことに抵抗感のある方も少なくなく、プリペイドカードの需要はまだまだ高い状況です。

バンドルカード(VandleCard)はスマホで手軽に発行できるVisaプリペイドカード。

ネットショッピングしたい時、ほしいものをすぐに手に入れたい時など、状況によっては後払いも選択できる画期的な機能を持っています。

また、実店舗でも使いたい場合はリアルカードも発行できます。

便利さ随一。

そんなプリペイドカードと言えるでしょう。

バンドルカードのGooglePlayストアやAppストアへのリンク

【プロミスについて】
※プロミスの借り入れは、申込みの時間帯によって、当日中の融資ができない可能性があります。

【レイクALSAについて】
※レイクALSAの60日間無利息サービスは、以下の条件に該当する人が利用できます。
・初めての人は初回契約翌日から無利息が適用されます。
・無利息期間経過後は通常金利が適用されます。
・30日間無利息、180日間無利息との併用はできません。
・Webで申込みし、契約額が1~200万円の人。
・ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみになります。
・Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

※レイクALSAの180日間無利息サービスは、以下の条件に該当する人が利用できます。
・初めての人は初回契約翌日から無利息が適用されます。
・契約額は、1万円~200万円までとなります。
・無利息期間経過後は通常金利が適用されます。
・30日間無利息、60日間無利息との併用はできません。
・ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみになります。

※レイクALSAの貸し付け条件は以下となります。
融資限度額:1万円~500万円
貸付利率:4.5%~18.0%
利用対象:
・年齢が満20歳以上70歳以下の人
・日本国内に居住する人
・自分のメールアドレスを持っている人
・日本の永住権を取得している人
遅延損害金(年率):20.0%
返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
返済期間・回数:最長8年、最大96回
担保・保証人:不要
必要書類:運転免許証
収入証明書類(契約額に応じて、当社が必要とする場合)

※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
         日本貸金業協会会員第000003号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です