【法人向け】住信SBIネット銀行「dayta」【急な運転資金の備えに】

住信SBIネット銀行daytaロゴ

「dayta」は住信SBIネット銀行が提供している法人向け事業性融資サービスです。

・借入条件を毎月お知らせしてくれるレコメンド型
・決算書等の書類提出や面談が不要
・担保・保証人不要

などが特徴的なサービスとなっています。

<住信SBIネット銀行「dayta」のスペック>

■金利 実質年率 年1.999%~7.999%
■借入限度額 50万円~3,000万円(10万円単位)
■返済期間:3回(4ヶ月未満)、6回(7ヶ月未満)、12回(13ヶ月未満)
■資金使途:事業の運転資金(設備投資は不可)

担保・保証人・保証料不要
■提出書類なし

住信SBIネット銀行「dayta」の基本情報

住信SBIネット銀行ロゴ
借入限度額 50万円~3,000万円(10万円単位)
年利(年率) 実質年率 年1.999%~7.999%(固定金利)
遅延損害金(年率) 20.00%
返済方式 元金均等分割返済
返済日 毎月末
返済回数 3回(4ヶ月未満)
6回(7ヶ月未満)
12回(13ヶ月未満)
繰上返済 月末に全額繰上返済のみ可能

月末以外は不可
一部繰上返済は不可

貸付対象 住信SBIネット銀行に代表口座を開設し、一定期間利用している法人

※所定の条件を満たすと、借入条件についてのお知らせが、毎月、月初に届くようになります。

担保 不要
保証人 不要

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資して設立した、実店舗を持たないネット専業銀行です。

2007年に銀行免許を取得し営業を開始しました。

SBI証券と相互に連携サービスを行っているのが特徴です。

個人向け融資の住信SBIネット銀行「カードローン」をお探しの方はこちらの記事へ↓

住信SBIネット銀行「カードローン」口コミ・金利・審査

2018.08.09

目次へ戻る

住信SBIネット銀行「dayta」の特徴

・レコメンド型の融資

口座の入出金記録(日々の取引データ)を元に判定し、借入可能額と借入利率を毎月お知らせしてくれます。

・借入条件がわかっている状況で申込できる

通常、銀行で融資を申し込む場合は過去2~3年分の青色申告決算書などを用意し、行員と面談をし、審査を受ける必要があります。未だ伝統的な手続きを行う銀行の場合、流動比率や当座比率などを確認し、審査結果が出るまで日数を要します。また、審査結果が出るまで借入条件もわかりません。

しかし住信SBIネット銀行の先端サービス「dayta」の場合は、上記でも説明したようにレコメンド型の融資であり、口座の入出金記録を元にすでに借入条件が判定され、提示された状況から申し込みを行えます。

・手続きが簡単

書類や面談が不要です。さらには、担保や保証人を探す必要もありません。

・ネットで簡単に申し込み

借入条件のお知らせを受け取り、そのお知らせに記載されている期限内であれば、ネットで簡単に申し込みをする事が可能です。

口座を長年、多くの取引で利用している場合や、過去の借入や返済状況が良いと信用が高まり、審査も短く済む可能性があります。申し込みから最短当日借入の実績もあります。

・申込後の本審査で借入条件が変わることはない

申込後に本審査がありますが、本審査によってレコメンドで提示された借入可能額と借入利率が変わることはないので、安心して申し込む事ができます。

※本審査の状況によっては希望に添えず借入できない場合もあります。

目次へ戻る

住信SBIネット銀行「dayta」はこんな人が利用しています

需要

・住信SBIネット銀行に法人口座を持っている方

借入するには住信SBIネット銀行に法人口座を持っている事が必須条件となっています。

・経営の安全性を高めておきたい方

事業に資金繰りの悩みは常につきまといます。
住信SBIネット銀行に法人口座を持ち、daytaを利用する事で運転資金に余裕が生まれ、急な出費への備えとすることができます。(設備投資などは不可能です。)

目次へ戻る

借入可能額と金利

金利

借入可能額は50万円~3,000万円(10万円単位)です。

金利は、実質年率で年1.999%~7.999%です。

上記の範囲で、口座に対する日々の取引データから判定されます。

目次へ戻る

返済について

ATMで返済

返済方式

返済方式は元金均等返済です。

毎月、元金が一定額減っていく返済方式です。元金+元金に応じた利息を毎月末に返済しますので、初めのうちは支払い金額が多く、徐々に減っていきます。

返済方法

住信SBIネット銀行の代表口座円普通預金から引き落とし

繰上返済

全額繰り上げ返済が可能です。一部返済は不可能です。
繰り上げ返済が可能な日は、約定返済日と同日、つまり月末のみです。月末の5日以上前に繰り上げ返済の申込みをする必要があります。
手数料はかかりません。

目次へ戻る

デメリットを把握しておきましょう

デメリットに悩む女性

申込後や融資を受けた後で「こんなはずではなかった・・・」と後悔しないよう、予めデメリットも把握して納得した上で利用しましょう。

・口座の開設が必要

口座の開設が必要です。また、開設してすぐに融資の申し込みができる訳ではありません。しばらくの間、口座での取引実績が必要になります。メールでお知らせを受け取ったら借入可能となります。

・資金使途の幅が狭い

運転資金のみでの利用が認められています。設備投資などには利用できません。

・営業時間が平日9:00~17:00まで

申し込みが受理され、審査を受ける事ができるのが平日の営業時間となります。
土日祝日は対応していません。

目次へ戻る

まとめ

キャリアウーマン

住信SBIネット銀行「dayta」は

・借入条件を毎月お知らせしてくれるレコメンド型
・決算書等の書類提出や面談が不要
・担保・保証人不要

が魅力の融資サービスです。

口座で取引を続けることによって、毎月のお知らせを受け取り、常に借入可能額と借入利率を把握する事ができるので、大きな安心を得る事ができます。

銀行系ですので消費者金融のビジネスローンに比べて低金利であることも嬉しい要素です。

書類準備などの手間もかからず、ネットで簡単に申し込みができますし、担保や保証人も不要です。

経常的な資金繰りや突発的な出金の備えに、おすすめのサービスと言えるでしょう。

目次へ戻る

↓ビジネスシーンでの資金繰りのお悩みについては、こちらの記事もおすすめです。

ビジネスローンとファクタリングを比較【資金繰りの悩み】最適な資金調達方法

2019.02.11

【プロミスについて】
※プロミスの借り入れは、申込みの時間帯によって、当日中の融資ができない可能性があります。

【レイクALSAについて】
※レイクALSAの60日間無利息サービスは、以下の条件に該当する人が利用できます。
・初めての人は初回契約翌日から無利息が適用されます。
・無利息期間経過後は通常金利が適用されます。
・30日間無利息、180日間無利息との併用はできません。
・Webで申込みし、契約額が1~200万円の人。
・ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみになります。
・Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

※レイクALSAの180日間無利息サービスは、以下の条件に該当する人が利用できます。
・初めての人は初回契約翌日から無利息が適用されます。
・契約額は、1万円~200万円までとなります。
・無利息期間経過後は通常金利が適用されます。
・30日間無利息、60日間無利息との併用はできません。
・ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみになります。

※レイクALSAの貸し付け条件は以下となります。
融資限度額:1万円~500万円
貸付利率:4.5%~18.0%
利用対象:
・年齢が満20歳以上70歳以下の人
・日本国内に居住する人
・自分のメールアドレスを持っている人
・日本の永住権を取得している人
遅延損害金(年率):20.0%
返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
返済期間・回数:最長8年、最大96回
担保・保証人:不要
必要書類:運転免許証
収入証明書類(契約額に応じて、当社が必要とする場合)

※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
         日本貸金業協会会員第000003号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です